音楽は何で聞く?レコードからストリーミングまでの歴史

音楽の長い歴史から紐解く音楽を楽しむ媒体の変化

>

音楽を楽しむ方法の歴史と楽しむ媒体の遍歴

世界中の音楽が簡単に楽しめる素敵な時代

音楽というものは我々人間にとってなくてはならないものであり、ある意味人類が生み出した最も偉大なもののひとつに数えてよいと思います。
太古の昔から現代に至るまで人々は音楽に癒され、喜び、悲しみ、すべての感情を音楽に任せてきました。
この地球上にはほぼすべての世界に音楽が存在します。
そして科学の進歩に伴い太古の昔は人間が演奏して伝えていた音楽が記録できるようになり、いつでも好きな時に聞くことができるようになりました。
現代では全世界の音楽がショップで手に入り、インターネットで聞くことができ、さらにインターネットで曲のみを買うこともできるようになりました。
現代は世界中の音楽を様々な媒体を通して簡単に購入し楽しめる幸福な時代になりました。

音楽を楽しむためのいろいろ

そして音楽が記録できるようになってから音楽の自由度は飛躍的に高まりました、あのエジソンが蓄音機を発明して以来、音楽を聞く媒体は劇的に進歩を遂げ、昔は家具のように大きかった再生装置も今はスマートフォンのように手のひらに収まる大きさまでになりました。
一方で大型なものではハイファイオーディオが登場し、極限までの高音質を追及するまでになり、マニアも数多く存在します。
また進歩の歴史ではパソコンとインターネットの存在は決して無視できない存在で、インターネットからパソコンに音楽を取り込み、曲を選別しながら自由にあらゆる音楽を楽しめるようになり、それをデジタルファイルとして保存し、個人で楽しむことまででき、保存媒体もレコードやCDのような大きさではなくフラッシュメモリー一本で済むという時代になりました。


この記事をシェアする
TOPへもどる