音楽は何で聞く?レコードからストリーミングまでの歴史

音楽の長い歴史から紐解く音楽を楽しむ媒体の変化

音楽を楽しむ方法の歴史と楽しむ媒体の遍歴

我々の生活に欠かせないものになっている音楽の楽しみ、いまや全世界の多彩なジャンルの音楽が簡単に楽しめます。 好みはいろいろでも音楽を聴かないという方はほぼいないのではないかと思います。 また楽しむ媒体や方法もたくさん選択肢が増え、そういった楽しみもありますね。

音楽の自由な楽しみ方は

音楽は日本人に限らず世界すべての人々に必要なものであり、地球上には必ず音楽の存在があります。
人間にとって喜びや悲しみやすべても気持ちを言葉を超えて共有できるのが音楽の最大の魅力ではないかと思います。
最近は音楽の誕生から多種多様な音楽が進化し楽しめ、音楽を楽しむ媒体も物凄く種類が増え、様々な形で誰もが好きな音楽を楽しんでいます。
蓄音機の誕生から現在に至るまで、音楽の再生機械は飛躍的進歩を遂げ、レコードの発明、CDの登場、PCオーディオ、そしてストリーミングまで実に高音質で簡単に音楽を聴くことができるようになり、われわれの耳を楽しませてくれています。
最近は配信でインターネットで音楽を買うこともできるようになりました。
また逆に温故知新といいいますか、レコードやカセットテープといった過去の再生媒体に若い世代が新鮮に感じ始め、逆にブームになっているといった面白い現象も起きており、現在は音楽の楽しみが大きく広がって面白い時代になっています。
そんななか、ストリーミングの影響は非常に大きく、音楽を一曲として好みの楽曲ばかりそろえてしまい、昔のレコードやCDのようにアルバムでトータルとして音楽を聴く習慣が廃れてきており、ある意味では面白みの無い聞き方になっているのは大きな問題化と思います。
このようなことを踏まえ、このサイトではレコードからストリームまでの歴史を探り今どんな方法で音楽を楽しむのかに迫ってみたいと思います。

音楽を聴く方法の変革史

エジソンが蓄音機を発明してから長い歴史の中で音楽を楽しむ媒体も変革を遂げてきました、レコード、カセットテープ、ラジオ、CD、デジタルファイル、ストリーミングまで、様々な音楽媒体が発明され皆に楽しまれてきました。 この変革はすさまじいスピードで進んでおり、われわれの楽しみ方も色々選べるようになりました。

貴方はどれで楽しむ、音楽の多様な楽しみ方いろいろ

色々な音楽を色々な媒体で楽しむ、凄く現代は音楽好きには嬉しい時代になりました、現在はストリーミングが主流ですが、過去の媒体にまた光が当たってブームになってきており、非常に楽しくなっております。 このすばらしい時代に貴方はどの媒体で音楽を楽しみますか。

TOPへもどる